ふこいだん (fucoidan) とは

ふこいだんは、モズクやメカブ、
昆布などの海藻類に含まれている「ぬるぬる」の成分のことを言います。

 

植物繊維の一種。
科学的には、生物界に広く分布するフコース(fucose)を主構成成糖として、
多糖類なので硫酸やウロン酸が結びついて出来てます。

 

 

ふこいだんの種類

 

昆布科から抽出された三糖類のフコイダンがあります。

 

フコースだけのF-フコイダン
グルルロン酸とマンノースのU-フコイダン
ガラクトースとフコースのG-フコイダン

 

それとナガマツモ科のオキナワモズクから抽出された
オキナワモズクフコイダンが確認されています。

 

 

 

基礎研究開発され、 βーグルカンと同じ多糖体で優れた植物繊維。
他に類をみないほど、マイナスの硫酸基が多く含まれています。
全世界の学者とマスコミとの間で注目を浴びている物質として有名です。
現在では全世界のその道の権威者が絶賛しているほどです。

 

 

「血圧の上昇を抑える」

 

「肝機能を改善する」

 

「抗菌作用がある」

 

「アレルギーを抑える」

 

「コレステロールを下げる」

 

「ガンによい」

 

などの俗説はりますが、科学的で十分なデータとしては不足しています。

楽天 フコイダンとは?記事一覧

海藻類はほとんどが水分(食物繊維)ですから、毎日数kg(バケツ一杯分)体に良いからといって食べる事ができません。モズクや昆布にもフコイダンはたしかに含まれてはいますが、良質の生の沖縄モズクですらモズク1kgの中に、フコイダンはわずか1g程度しか含まれていません。実は人間の体は海草を消化する酵素を持たないので、そのままの形で出てしまうそうです。フコイダンを体内に吸収させようとすれば、フコイダンそのも...

一口にフコイダンといっても、さまざまな種類があります。フコイダンと言ったら全てが同じかというとそうではありません。実はフコイダンというのは、種類・構造・抽出方法によって活性が全く変わっています。フコイダンという物質が解明された時、はじめに2種類のフコイダンが含有されていることが発見されました。U−フコイダンフコースだけのF−フコイダン・グルロン酸とマンノースのフコイダンです。G−フコイダンガラクト...

抗がん治療のため、唾液が出ないので常にお茶が手放せない。主治医からも、唾液が出ないので「虫歯になりやすい」と告げられた。がんの治療は、痛みとの戦いでとにかく痛むときにはあの温和な母でも、孫に対して「うるさい」と怒鳴るほどだ。痛み止めの点滴を投与してもらっていても、周期的に痛みがある。「う"〜ん、う"〜ん」と唸って痛みをベッドでこらえる姿が見ていられない。手を取り、背中をさすっても邪魔になるらしく無...